転職に成功!看護師の求人ガイド

看護師が転職するのにおすすめな時期や求人を探す方法をご紹介

看護師の転職面接の流れ

看護師の転職における面接は緊張の連続。あらかじめ流れをチェックしておかないと、当日になって、てんやわんやになってしまうかもしれません。そこで、先にここで説明する流れをチェックしておきましょう。

何はともあれ、まずは病院へと来院します。この時、社会人の常識として15分程度は早く到着しましょう。そして、面接で来たことを伝えてください。それが終わったら面接が始まるまで待機。 担当者に声をかけられたら入室していきます。 入室の際には、必ず名前と「お願いします」の挨拶を忘れずに。そこから面接官に座って良いと言われたら、丁寧に椅子へと座りましょう。

さて、ここからが面接本番。転職では今までいた病院でどんな仕事をしていたのか、なぜ転職することに決めたのか、どうしてこの病院を選んだのか、といった基本的な質問をいくつかされるはずです。答えを当日に考えたのでは、おそらく日本語がおかしくなったり、何を言っているのか分からなかったり、相手にきちんと自分のことを伝えられません。そこで、面接時の質問対策は事前に行っておきましょう。

こういった面接官側からの質問が一通り終わったら、今度はこちらの番。何か質問が無いか聞かれるので、疑問に思うことがあれば聞いておいてください。こちらから質問ができる貴重な機会です。 これらが終われば、面接はおおよそ終了です。後は面接官に感謝の言葉を伝え、失礼のないように退室しましょう。この時の言葉もあらかじめ用意しておくのがおすすめです。